アルコール大好き女性は薄毛に注意!髪の毛と飲酒の関係について

女性 ヘアロス 薄毛

スポンサーリンク


ちよの
サイトをご覧いただきありがとうございます。今回は「アルコールと薄毛の関係」についてお話します。
現役美容師:れいこさん
「アルコールと薄毛の関係」への疑問をクリアにして薄毛対策に備えましょうね。

 

アルコールが大好き!飲み会などのお付き合いが多い・・・・・

そんな女性は要注意!

もしかしてその習慣、あなたの薄毛を加速させているかもしれませんよ!!!

アルコールは適度に飲むと楽しくて気分もよくて、寝付きもいい気がする・・・・・いいことばかりの気がしますが、実は頭皮環境や薄毛を悪化させる要素もあるんです。

「もちろん飲み過ぎなければいいんでしょ?」と言う声が聞こえてきそうですが、実は少量でも飲むタイミングや時間によっては影響が出ることもあります。

この記事ではアルコールと薄毛の関係、そして飲むタイミングについてお話していきます。

 

スポンサーリンク


なぜアルコールを飲み過ぎると薄毛になりやすくなるの?

アルコール 薄毛

アルコールを飲む機会は日常でたくさんあります。

飲み過ぎて酔っぱらったり二日酔いになることもあるかもしれませんね。アルコールの飲み過ぎは身体によくないです。そして薄毛を心配している人にとって残念なお話なのですが、アルコールが薄毛を加速させてしまうことがあるというんです。

それはどうしてなのか?一緒にみてみましょう。

肝機能の低下

アルコールを飲むとそれを分解するのは肝臓です。適量のアルコールならいいのですが、大量に飲むと分解するスピードが追いつかなくなって働きが弱ってしまうことに。その機能が低下した肝臓では毛根に必要な血漿タンパク質を作ることができず毛根に必要な成分が届かないことに・・・・・。

髪の毛は次第に細くなり抜けやすくなるというわけです。

薄毛の原因となるホルモンの増加

アルコールを飲み過ぎることで増えてしまうホルモンがあります。

DHT(ジヒドロテストステロン)です。

このホルモンが増えると抜け毛も増加すると言われます。

アルコールは体内で分解されるときに毒性のある物質アセトアルデヒドを発生させます。このアセトアルデヒドが分解されていく過程において髪の毛を作る際に必要なアミノ酸であるシスチン(システイン)やメチオニンをたくさん消費してしまいます。

なので髪の毛に十分な栄養が行き届かない結果に・・・・・。

ビタミンB1が不足することで疲労がとれずストレスに

アルコールを分解する際にはビタミンB1が使われます。このビタミンB1が少なくなってしまうと糖代謝の機能が低下することで「低血糖」と言う状態になってしまいます。

低血糖
↓↓↓
疲れやすくなる
↓↓↓
疲れが回復しない状態が続く
↓↓↓
慢性疲労
↓↓↓

  • 新陳代謝が悪くなる
  • 血行が悪くなる
  • 体温が低下する
  • 内臓が衰える

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

頭皮環境も悪くなる

睡眠の質が悪くなるので髪の毛が育ちにくい

飲むタイミングが関係してくるのはココ!!

アルコールは寝つきが良くなると思われていますが、実は量を摂りすぎると覚醒する働きと眠くなる働きがマヒしてしまい、眠くなって寝てもすぐに目が覚めたり、眠りが浅かったりして睡眠の質を低下させてしまいます。

髪の毛を育てる成長ホルモンは睡眠中に分泌されますが睡眠の質が低下することによって髪の成長に影響が出てしまうんです。

糖分や脂肪分をとりすぎて育毛のじゃまになる

これはアルコールを飲むときのおつまみのことです。

脂っこいものを食べ過ぎると皮脂の分泌が活発になって皮脂が毛穴に詰まります。

また甘いものと油っこいものを摂りすぎると肥満になってしまい血液がドロドロ状態に・・・・・。ドロドロ血液では酸素も栄養も頭皮や髪の毛にまで届きません。

この状態が続くことで抜け毛になりやすくなります。

 

アルコールが薄毛対策になる理由とは?

アルコールの飲みすぎで頭皮や髪の毛によくない影響についてお話してきましが、適量であればアルコールにも薄毛対策になる効果が期待できます。

今度は頭皮や髪の毛にとっていい影響を及ぼす働きについてお話ししますね。

リラックス作用

ストレスが多いと交感神経が活発になり、男性ホルモンが分泌されやすくなります。それは抜け毛になるリスクも高くなります。

しかし、少量のアルコールならリラックス作用があっていいのですが、飲み過ぎには注意が必要です。

血行促進

アルコールを適量飲むことで体温が上がります。

体温が上がると血管が広がって血行がよくなってきます。その結果髪の毛への栄養補給がしっかりできるように・・・・・。

寝つきがよくなる

アルコールを大量に飲むのは睡眠のじゃまになるのですが、少量飲むくらいなら自然な眠気が起こるのですーっと眠れます。

少量のアルコールにはリラックス効果もあります。

 

アルコールと薄毛の関係についてのまとめ

アルコールの飲み過ぎは頭皮や髪の毛にはあまりよくないですが、少量、適量ならいい効果もあります。飲み過ぎに注意して適量を楽しむのはストレス解消にもなるのでいいと思います。

しかし、寝つきがいいと思われているアルコールも実は眠気と覚醒を繰り返してしまい、飲んで寝たときって熟睡できていないんです。

これは睡眠の質が低下するもとです。

またアルコールを摂り過ぎると分解するときにたくさんのビタミンを使うことになるので髪の毛の元になる栄養が不足してしまいます。

寝つきがどうのこうのと言っている段階ではなくアルコールを飲んだら分解にビタミンが使われるのでやはりアルコールの飲み過ぎは控えたほうがいいですね。

 

▼食べ物と薄毛の関係についてはこちら▼

抜け毛を予防する食べ物と抜け毛をひどくする食べ物

スポンサーリンク