育毛剤と白髪染めの併用は大丈夫?注意する点とは?

白髪 抜く はげる 育毛剤

スポンサーリンク


ちよの
40代になって少し薄毛が気になってきたけど同時に白髪も出てきたのよね。
現役美容師:れいこさん
白髪が目立つと白髪染めを使う人が増えてきますね。
ちよの

薄毛も髪の毛のボリュームが減って困るけど、白髪も見た目が老けてみえるのでどうにかしたいもの。

でも白髪染めをしているときに育毛剤って一緒に使っていいのか疑問なんだよね。

現役美容師:れいこさん
わかりました。白髪染めと育毛剤との併用について考えてみましょう。

 

年齢を重ねるとともに頭皮や髪の毛の悩みは増えてくるもの。

薄毛もその一つですが、白髪も加齢によって出てくる悩みですね。

薄毛対策に育毛剤を使い続けたいところだけど、白髪も気になるという場合には一緒に使ってもいいものでしょうか?

この記事では育毛剤と使っているときに白髪染めを使ってもいいのかどうかについてお話します。

 

スポンサーリンク


育毛剤と白髪染めの併用はあり?問題はないの?

育毛剤 白髪染め 併用
現役美容師:れいこさん
結論から言うと、育毛剤と白髪染めは一緒に使っても大丈夫です。

白髪染めにも種類があって、すべてが強い薬剤でできているわけではありません。

トリートメントタイプのものやヘナという自然派の白髪染め頭皮にも髪にも優しいのでダメージは起こりにくいです。

1剤と2剤というように2種類の薬剤を混ぜて染めるような白髪染めの場合は長期間使い続けることで頭皮や髪の毛にダメージを与えてしまうのでその場合は注意が必要!

ちよの
でも白髪染めはやっぱり使いたいし、かといって育毛剤もやめられないのよね・・・・・
現役美容師:れいこさん
2つの薬剤を混ぜて使う白髪染めも使い方を間違えなければ育毛剤と一緒に使っても大丈夫!

 

育毛剤と白髪染めを併用することは頭皮や髪にプラスに⁈

育毛剤 白髪染め 併用

白髪染めというのは最近ではトリートメント剤が配合されたものもあり、頭皮や髪の毛に優しくなっている場合も・・・・・。

しかし化学染料を使っている白髪染めの場合は少なからず頭皮を傷めてしまいます。

そんな時も育毛剤は頭皮の環境を整え、血行を促進したりと頭皮や髪の毛の働きをサポートしてくれるものが多いので白髪染めと一緒につかうことで頭皮を健康に保つことにつながるのでプラス効果に!!!

 

育毛剤と白髪染めを併用する際の注意点

育毛剤 白髪染め 併用

先ほど化学染料を使っている白髪染めを育毛剤と一緒に使っても大丈夫だと言いました。

現役美容師:れいこさん
しかし、白髪染めは頭皮に多かれ少なかれダメージを与えてしまうもの。なるべくなら頭皮に優しい成分を選ぶといいですね。

それと、白髪染めにも市販の安い物だと育毛剤に使われているアルコール成分で色落ちしてしまうこともあるので、

✔天然成分のものを使用したほうがいい

✔白髪染めを行った日は基本的に育毛剤の使用を控えて色が定着してから再開したほうが確実

という点を意識しておいたほうがいいかもしれません。

 

白髪染めと併用しても大丈夫なおすすめの育毛剤とは?

育毛剤 白髪染め 併用

もし育毛剤を使いたい場合は白髪染めと併用しても大丈夫な成分の優しいものがおすすめです。

白髪染めでダメージを受けている頭皮のためには少しでも刺激が少ない敏感肌用の商品を選んであげましょう。

刺激が少なく敏感肌でも大丈夫な育毛剤としておすすめは
↓↓↓
マイナチュレ

頭皮に優しい「無添加」を強く謳っていて、

  • 敏感肌の女性
  • 妊娠中の女性

でも使えるとのことで安心ですね。

育毛剤は長く使い続ける必要があるので頭皮にかゆみが出たりかぶれたりというものは避けたいところ。

頭皮に優しい刺激の少ない物がおすすめです。

 

育毛剤と併用しても大丈夫なおすすめの白髪染とは?

育毛剤 白髪染め 併用

育毛剤と一緒に使う場合には頭皮や髪の毛のダメージも考えてトリートメント効果のあるものがおすすめ。

他にも白髪染めを選ぶポイントがあります。

 

現役美容師:れいこさん

ポイントは主に3つで

  • 色あい
  • 肌に合うかどうか
  • 使いやすいかどうか

を考えて選ぶといいですね。

色合い

現役美容師:れいこさん
もし染めたい色があるのであれば髪質を基準に考えるといいですよ!

髪質によってパーマがかかりやすかったりかかりにくかったりするように白髪染めも染まり方が違います。

髪の毛が硬く太い髪質の場合は染まりにくいので暗めの色を希望する場合はそのままでいいですが、明るめの色を希望する場合は1トーン明るめを選びましょう。

逆に髪の毛が柔らかく細い髪質の場合は明るめの色を希望する場合はそのままでいいですが、暗めの色を希望する場合は1トーン明るめを選びましょう。

肌に合うかどうか

現役美容師:れいこさん
お肌に肌タイプがあるように頭皮にも肌タイプがあります。

普通肌、乾燥肌、敏感肌という違いによって白髪染めを慎重に使用しなくてはならないことも・・・・・。

特に敏感肌やアレルギー体質の場合は肌荒れや炎症を起こしたりすることもあるので注意が必要です。

おすすめなのは、天然成分だけを使った皮膚に安全な白髪染めです。

使いやすいかどうか

白髪染めは定期的に使っていくもの。

ですので染める方法が少しでも手軽で簡単でストレスにならないものがおすすめ。

最近は1剤と2剤を混ぜ合わせる必要がないタイプのものに人気が!!

おすすめの白髪染め「グローリン・サンクロス」について

育毛剤 白髪染め 併用

「グローリン・サンクロス」の特徴としては

  • ダメージヘアを補修するシルク成分配合
  • 白髪染め特有のニオイ・刺激なし
  • 光によって髪の毛を染める時間を早める光反応成分配合

なので、頭皮や髪の毛に優しいだけでなく、使い方が簡単で面倒でない手軽にできる白髪染めだということ。

通常白髪染めの特徴

✔服や身体に色が着かないように準備(ケープを巻いたり、お風呂に入ったときしか染められない)

✔薬剤を混ぜる必要があるので手袋が必要

✔白髪染めを塗って待つ時間が必要

✔洗い流す必要がある

✔乾かす必要がある

ですので白髪染めに使う時間は30分から1時間・・・・・。

そんな苦労がなく時間もたったの5分でOK!

苦労いらずの白髪染めでトリートメント機能もありニオイや刺激がないのが嬉しいですね。

✔色は塗る量や光にあてる時間によって調整可能

✔ジアミンなどの薬剤を使っていないので頭皮への刺激がない

✔たった5分で済ませられる手軽さでストレス知らず

白髪染めを選ぶ際のポイントを満たしているのでおすすめです。

公式サイトをのぞいてみる
↓↓↓

 

「育毛剤と白髪染めの併用」のまとめ

育毛剤 白髪染め 併用

育毛剤と白髪染めの併用は大丈夫です

白髪染めでの頭皮のダメージを育毛剤がサポートしてくれる場合もあるので一緒に使うメリットもあります

育毛剤と白髪染めを同時に使う場合の商品選びは頭皮に優しい物を選ぶのがポイント

白髪染めと一緒に使う育毛剤は無添加で敏感肌にも使えるもの、育毛剤と一緒に使う白髪染めは髪の毛のダメージを補修してくれるトリートメント機能を持ったものを選ぶといいですね。

▼こちらの記事も参考に▼

スポンサーリンク