髪の毛を自然乾燥に頼るとはげる?その理由と対策について

髪 自然乾燥 はげる ヘアケア

スポンサーリンク


ちよの
髪を洗ったときに自然乾燥するのは楽ちんなんだけど、あまりよくないって本当なの?
現役美容師:れいこさん
そうですね、自然乾燥に頼ってばかりいるとはげることもありますよ。
ちよの
え~?!知らなかった。
現役美容師:れいこさん
でも正しい乾かし方を知っていれば大丈夫ですよ。

 

髪の毛を洗った後、自然乾燥していませんか?忙しい女性にとっては髪の毛を乾かしている時間さえ惜しいもの。

しかし自然乾燥に頼っていると頭皮がはげてくることに・・・・・

何も知らないということは怖いことです。

自然乾燥という日ごろの習慣が薄毛を作っていたなんて・・・・・

この記事では自然乾燥がはげることにつながる理由とその対策についてお話します。

 

スポンサーリンク


髪の毛を乾かすときに自然乾燥だとはげるって本当?

髪 自然乾燥 はげる

ほぼ毎日髪の毛を洗うと思いますが、その乾かし方を自然乾燥に頼っているとはげる・・・・・。

本当はどうなのでしょうか?

髪の毛を洗った後にすぐに乾かさず自然乾燥に頼っているとはげる可能性が高くなります。

その理由や対策について詳しくみていきましょう。

 

自然乾燥することがはげることにつながる理由とは?

髪 自然乾燥 はげる

自然乾燥がすべてはげるというわけではないにしても、ドライヤーなどですぐに乾かすよりもはげる可能性が高くなるのは事実。

その理由は次の通り。

自然乾燥がはげる理由
  • 濡れたままの髪の毛は傷みやすいから
  • 完全に乾いていない頭皮には雑菌が繁殖しやすいから
  • 濡れたままの状態は頭皮の冷えを招き血行不良になるから

濡れたままの髪の毛は傷みやすいから

髪の毛1本1本をコーティングしているキューティクルは髪の内部の組織を守る役目。

しかし、キューティクルは濡れることによって開いてしまいその隙間から髪内部のたんぱく質や水分が奪われ、髪自体もダメージを負うことに。

それによってわずかな刺激でも髪の毛は傷んでしまいます。

完全に乾いていない頭皮には雑菌が繁殖しやすいから

自然乾燥で放置した頭皮は湿った状態が続きます。そのため常在菌と言われる通常は何の悪さもしない頭皮や髪の毛の菌が増え続けてしまうことに。

常在菌は湿った髪に残っている皮脂やトリートメント剤をエサにしながら増えていき、頭皮環境を悪化させてしまいます。

そのため、かゆみや臭いが起こり抜け毛につながることもあるのです。

濡れたままの状態は頭皮の冷えを招き血行不良になるから

濡れた状態で長い時間が経つと頭皮が冷えます。

冷えは血行不良を生み、その結果抜け毛を増やしていくことに。

もともと頭皮の下にある毛細血管を通して頭皮や髪の毛の毛根に栄養や酸素が送られていくのですが、血行不良により、十分に行き届かなくなってしまいはげにつながります。

 

ドライヤーでのダメージによる不安

髪 自然乾燥 はげる

自然乾燥がはげる原因を作る理由はわかっても、ドライヤーによるダメージも不安なもの。

例えば高温の温風で髪の毛に風をあてることで水分がなくなりパサついたり、ドライヤーの風をあてつづけることで髪の毛にダメージを与えているのではないかとの不安も出てくるでしょう。

また、ドライヤーによって抜け毛が増えた気がする場合・・・・・。

それは一日に抜けるべくして抜けた自然脱毛の髪の毛ということも。

私たちの髪の毛は健康であっても一日に50本~100本程度は抜けていきます。

▼参考記事はこちら▼

では、ドライヤーを使うメリットにはどんなことがあるのでしょう?

 

自然乾燥よりドライヤーでの乾燥がおすすめの理由

髪 自然乾燥 はげる

髪の毛を自然乾燥する場合よりもドライヤーで乾かすほうがいい理由には

ここにタイトル
  • 早い時間で乾燥できる
  • 自分が思う部分をピンポイントで乾かすことができる
  • 寝ぐせ対策

などがあります。

早い時間で乾燥できる

早い時間で髪の毛を乾かすことができるというのは髪の毛が濡れた状態を長引かせずに済むということ。

キューティクルを開きっぱなしにしないですみますし、湿った頭皮の状態を改善できるので頭皮の常在菌を繁殖させずにすみます。

自分が思う部分をピンポイントで乾かすことができる

自然乾燥をしていると、髪の毛の毛先が乾いても頭皮に近い根元がまだ濡れていることも。

しかし、ドライヤーを使うことで頭皮に近い髪の毛の根元を乾かすことができます。

それに自然乾燥は髪の毛の一部分を乾かしたいと思って乾かすことはできません。全体が少しずつ乾いてくる過程で乾かしたかった部分も乾いてくるわけです。

ですが、ドライヤーなら先に毛根をしっかり乾かしてその後髪の毛の長さの中間や毛先をゆっくり乾かすなど調整が簡単です。

寝ぐせ対策

自然乾燥の場合は乾いたと思って眠ったら実は半乾き状態で、朝起きたときに寝ぐせがピンピンということも。

それは髪の毛が完全に乾いていない状態で寝てしまったことによります。髪の毛の形は乾ききる過程で一定の形に固まります。

しかし、寝ている間に完全に乾ききった場合、寝具や枕に押しつぶされて変な方向に髪の毛が向いたまま乾燥しきってその髪型が固定されてしまいます。

これが寝ぐせになるのですが、自然乾燥は自分が乾いたと思っても実はまだ湿っていることも多く寝ぐせの原因となることが多いです。

 

自然乾燥ではげる対策はドライヤーでの正しい乾かし方を知ること

髪 自然乾燥 はげる

自然乾燥ははげることにつながるからあまりよくないとはいえ、適当にドライヤーを使って乾かせばいいというわけではありません。

ドライヤーも正しく使う必要があるのです。

ドライヤーの正しい使い方にはポイントがいくつかあります。

ここにタイトル
  • 髪の毛の同じ部分にばかり風をあてない
  • ドライヤーの吹き出し口から髪の毛まで15㎝~20㎝は離す
  • 高温と低温を使い分ける

これは髪の毛をドライヤーの熱風のダメージから守るため。

詳しくはこちらをごらんください
↓↓↓

美容師が教える!正しいドライヤーのかけ方と髪の毛や頭皮を守る方法

 

「自然乾燥ははげるのか?」のまとめ

髪 自然乾燥 はげる

自然乾燥に頼っているとはげる可能性が高くなります。

✔自然乾燥するとキューティクルが開いて外部の刺激から頭皮や髪の毛がダメージを受けやすい

✔濡れている時間が長いので常在菌が繁殖しやすいので頭皮環境が悪くなる

✔いつまでも頭皮が濡れていることで冷えてしまい血行不良になる

などの理由ではげることにつながります。

ドライヤーの熱でのダメージが気になるが、それでもドライヤーで乾かすメリットの方が大きい

ドライヤーで乾かすことで、

  • 早い時間で乾燥できる
  • 自分が思う部分をピンポイントで乾かすことができる
  • 寝ぐせ対策

などのメリットがある。

ドライヤーを使うなら正しい方法で使う必要がある

  • 髪の毛の同じ部分にばかり風をあてない
  • ドライヤーの吹き出し口から髪の毛まで15㎝~20㎝は離す
  • 高温と低温を使い分ける

という基本を知ってドライヤーを使っていきましょう。

▼こちらの記事も参考に▼

スポンサーリンク