牽引性脱毛症の原因はいつも同じ髪型と分け目 !その対策法とは?

牽引性脱毛症 症状 抜け毛

スポンサーリンク


ちよの
何だか最近頭のてっぺんの分け目が目立ってきた気がするのよね。
現役美容師:れいこさん
髪の毛をいつも同じ場所で分けてない?
ちよの

あ、そういえばいつも同じ場所だ。

それって何か関係あるの?

現役美容師:れいこさん

ええありますよ。

同じ場所でばかり分け目を作ったり、いつも同じ部分を縛っていたりすることで起こる脱毛症があります。

 

女性が悩んでしまう薄毛の中に日常の髪型が原因で起こる脱毛症があります。

「牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)」と言います。

名前の難しさにひどい脱毛症のようなイメージにとられますが、対策をしっかり行うことで治る可能性が高い脱毛症になります。

この記事では牽引性脱毛症の症状と対策、分け目はげの改善方法についてお話します。

 

スポンサーリンク


牽引性脱毛症というのはどういうもの?

牽引性脱毛症 分け目

牽引(引っ張る)ことで起こる脱毛症のこと。

同じ髪型、同じ部分を縛るということを毎日のように繰り返すと引っ張られる部分の頭皮にダメージが及びます。

ポニーテールや同じ部分の分け目で頭皮が目立つようになってしまうのも「牽引性脱毛症」の症状です。

女性は男性に比べて髪の毛が長いので縛ることも多いですし、ただ同じ分け目を続けるだけでも髪の毛自体の重さで引っ張ってしまうので髪の毛が抜けやすくなります。

 

牽引性脱毛症は治る?治らない?

牽引性脱毛症 分け目

牽引性脱毛症によって薄くなった部分は引っ張られる刺激で抜け毛が増えて薄くなっていくので、まずは頭皮の同じ部分を引っ張る力を分散させたりして改善してあげます。

もし、引っ張った影響だけで薄毛になっているのであれば、引っ張る力を分散させたり、引っ張らないようにするだけでも薄毛は改善しやすいです。

しかし、薄毛になる原因が「牽引性脱毛症」だけでなく他にもある場合は牽引性脱毛症の改善を行っても抜け毛や薄毛が治るのは難しくなります。

 

牽引性脱毛症になりやすい髪型とは?

牽引性脱毛症 分け目

一般的に牽引性脱毛症になりやすい髪型は強く髪の毛を引っ張る髪型です。

牽引性脱毛症になりやすい髪型
  • ポニーテール
  • お団子ヘア
  • 編み込み
  • 一つ縛り

ポニーテール

牽引性脱毛症 分け目

髪の毛を後頭部の高い位置で縛る髪型です。特にダメージを受けるのは生え際です。比較的10代、20代の女性に多い髪型です。

お団子ヘア

牽引性脱毛症 分け目

お団子ヘアは強く髪を縛ることが多いので牽引性脱毛症になりやすいです。そしてお団子を作る際にピンでとめるときにも頭皮に負担がかかります。

手軽にまとめられるので女性に人気の高い髪型ですが、日常的にはお団子ヘアは控えたほうがいいですね。

編み込み

牽引性脱毛症 分け目

パーティーシーンなどや、伸ばしかけの長さのときに大活躍の髪型です。

強すぎる力で編み込むのは負担が大きくなります。もしも編み込む場合は緩く編み込んであげるほうがいいですね。

一つ縛り

牽引性脱毛症 分け目

主婦の人に多い髪型です。ポニーテールに比べると低い位置で縛るので負担は少なめかもしれませんが、それでも手軽にできて毎日行う髪型なのでこれも牽引性脱毛症になりやすいと言えます。

 

牽引性脱毛症を悪化させるスタイリングとは?

牽引性脱毛症 分け目

毎日のスタイリングでも牽引性脱毛症になりやすいことがあります。

牽引性脱毛症の原因になるスタイリング
  • エクステの使用
  • ヘアアイロンの使用
  • 分け目が同じ場所

エクステの使用

牽引性脱毛症 分け目

エクステンション(エクステ)は自毛に人工の毛をつけるヘアアレンジです。

ショートでもロングヘアができるし、髪のボリュームや髪型も自由に変えられるので人気が高い。

しかしエクステはもともとの髪の毛が引っ張られるので頭皮にも負担が大きくなりますし、牽引性脱毛症を悪化させてしまいます。

ヘアアイロンの使用

牽引性脱毛症 分け目

くせがあってもストレートにできるし、うねりの解消も可能なヘアアイロンは毎日のスタイリングに摂り入れる女性は多いでしょう。

ヘアアイロンが与える影響は引っ張ることによるダメージとヘアアイロンの熱によるダメージのダブルで影響してくるので牽引性脱毛症をかなり悪化させてしまい、続けて行うことで治りにくくなります。

分け目が同じ場所

 

牽引性脱毛症 分け目

これが一番誰でもやってしまいがちなスタイリングです。

分け目をいつも同じ場所にしていると牽引性脱毛症になる可能性が高いです。一回で引っ張る力は弱くても毎日続けていることによって負担は大きくなります。

 

牽引性脱毛症の対策方法

牽引性脱毛症 分け目

牽引性脱毛症は頭皮の同じ場所に負担がかかってしまうことで起こる脱毛症ですのでダメージを分散させたり頭皮の血行を良くしてあげる対策が効果的です。

髪型を変える

髪型を変えることで同じ場所へのダメージを減らすことができます。

いつもと違う場所から分け目を作る

分け目はげ対策としてはいつもと違う場所から分け目を作ってあげます。

最初はくせがつきにくいかもしれませんが、シャンプー後のドライヤーのときに分け目を変えて根元から起こすように乾かしてあげれば分け目を変えやすいです。

ショートヘアにする

髪を縛ったり、引っ張ったりする長さのせいで牽引性脱毛症になるので、思い切ってロングからショートヘアにすることで髪を縛る負担もスタイリングによるダメージからも解放されます。

頭皮マッサージを行う

牽引性脱毛症の対策の一つとして頭皮の血行を良くしてあげることが大事です。

頭皮マッサージは牽引性脱毛症への効果だけでなく、きれいな髪の毛を作っていくためにもおすすめ。

家にいて手軽にできる頭皮マッサージを習慣にしましょう。

育毛剤を使う

薄毛対策に必要なのは育毛剤です。牽引性脱毛症の対策としても有効な理由は育毛剤に頭皮の血行促進作用があるから。

いつも同じ場所ばかり引っ張るとその部分の血行が悪くなるわけですので、血行促進目的にも育毛剤はおすすめの対策になります。

分け目や生え際を中心に使ってみましょう。

▼参考記事はこちら▼

 

「牽引性脱毛症の一つ分け目はげ」のまとめ

牽引性脱毛症 分け目

牽引性脱毛症というのは頭皮の同じ部分を引っ張る髪型のせいで起こる脱毛症

ポニーテールやいつもと同じ分け目などが原因で起こる「引っ張ることで起こる抜け毛」のこと

牽引性脱毛症は治るのか治らないのか?

頭皮を引っ張る環境をやめれば治る可能性は高くなるが、薄毛の原因が髪型だけでない場合はその原因も改善する必要がある

牽引性脱毛症になりやすい髪型は髪を結ぶもの

牽引性脱毛症になりやすいのは

  • ポニーテール
  • お団子ヘア
  • 編み込み
  • 一つ結び

などの同じ場所を引っ張る髪型

牽引性脱毛症を悪化させるスタイリングにも気を付ける必要がある

牽引性脱毛症を悪化させる原因のスタイリングには

  • エクステ
  • ヘアアイロン
  • 同じ分け目

などがあります。

牽引性脱毛症の対策は髪型を変えることと血行促進

牽引性脱毛症の対策としてはいつもと同じ髪型や分け目を変えることと、引っ張り続けることで血行不良になった頭皮の血行促進。

対策法としては

  • 髪型をかえること
  • 頭皮マッサージ
  • 育毛剤を使う

などがある。

スポンサーリンク