軟毛のコンプレックスを持つ女性の薄毛対策とは?

軟毛 ハリ コシ 髪質

スポンサーリンク


ちよの
サイトをご覧いただきありがとうございます。今回は「軟毛がコンプレックスの女性の薄毛対策」についてお話します。
現役美容師:れいこさん
「軟毛がコンプレックスの女性の薄毛対策」への疑問をクリアにして薄毛対策に備えましょうね。

 

「軟毛だとはげやすいかも」という不安を持つ人もいるかもしれませんが、髪の毛が細くて柔らかいことをコンプレックスに思う人でも自分に合った髪質での対策を行うことで薄毛の不安はなくなります。

この記事では軟毛の人のコンプレックスである細くて柔らかい髪の毛での薄毛対策についてお話します。

 

スポンサーリンク


軟毛というのはどんな髪?

軟毛 コンプレックス

軟毛(なんもう)というのは柔らかい髪質のことで猫っ毛と呼ばれることも。

反対に硬い髪質を剛毛(ごうもう)と呼びます。

軟毛の特徴として細くて柔らかいという点があげられます、ヘアスタイル全体がぺたんこになってボリュームがないように見えます。

自分の髪質が軟毛なのかを確かめる方法

髪の毛が1本あれば簡単にチェック可能です。

こちらを参考に!
↓↓↓
剛毛と軟毛の基準とは?自分の髪質の見分け方について

 

軟毛のコンプレックスは細くて柔らかくて薄毛への不安

軟毛 コンプレックス

軟毛だと髪が細くて柔らかいのが特徴です。

一見その特徴は女性に羨ましがられる髪質ともとれるわけですが、髪が細くて柔らかいことで抱くコンプレックスは、

✔ヘアスタイルにボリュームが出にくく、なかなかスタイルが決まらない。

✔見た目がぺたんこにみえるのとそのせいで老けてみえる

✔将来薄毛になる可能性を考えると不安になる

などがあります。

 

軟毛の人の薄毛の危険性

軟毛 コンプレックス

遺伝によって生まれつき軟毛である場合は薄毛との関連性は低いと言われていますが、後天的な要因である生活習慣の乱れによって軟毛に変わってしまったという場合は薄毛の危険性が高くなります。

とはいえ軟毛の髪質というのは、硬い髪の毛に比べると髪の毛のコーティング機能であるキューティクルが少ない傾向にあります。

それはつまり、外部からの刺激やダメージを受けやすいということ。

軟毛だと枝毛・切れ毛にもなりやすいです。

これは生活習慣の変化でも起こります。

生活習慣が乱れたままだと薄毛の危険性は高くなる一方。

ですので軟毛の人薄毛の危険性については、

✔軟毛だから薄毛になるのではなく、生活習慣などが原因で薄毛になる可能性が高い!

✔軟毛は生まれつきや遺伝ではなく最近「細く、柔らかくなった(コシがなくなってきた)」と言う場合が薄毛の可能性が高くなる

✔でもキューティクルが少ないので剛毛に比べるとダメージを受けやすい髪質だということ

 

軟毛のコンプレックスを持つ女性への薄毛対策とは?

軟毛 コンプレックス

軟毛のコンプレックスを持つ女性が行ったほうがいい薄毛対策は髪質の変化の度合いによります。

まだ軟毛になるかわからないが可能性があるという場合

両親や祖父母などが軟毛であったり、薄毛の場合で自分にも薄毛の可能性がある場合です。

まずはシャンプーの見直しを行います。

シャンプー選びやシャンプーの正しいやり方を知りましょう。

▼参考記事▼

部分的に髪の毛が細くなってきたりセットが決まらなくなった

すでに髪の毛が細くなってきた自覚があるのであれば薄毛対策は本格的に取り組む必要が出てきます。

ですのでおすすめの対策は育毛剤の使用です。

▼参考記事▼

40代女性の薄毛対策におすすめの育毛剤とは?

あきらかに髪の毛が細くなって全体のボリュームも減って地肌がみえることもある

薄毛の進行が見てとれる状態です。

すでに薄毛が進行している場合は抜け毛はどんどんひどくなり、治療が必要になってきます。

なぜなら薄毛の自然回復はありえないからです。

少しでも早く薄毛専門のクリニックを受診して相談するところから始めましょう。

▼参考記事▼

 

「軟毛の薄毛のコンプレックス」のまとめ

軟毛 コンプレックス

毎日の慌ただしい生活の中で自分の髪質なんて深く考える機会はありません。

しかしおしゃれが決まらないのは悲しいもの。頭皮や髪の毛の状態だけで見た目の印象がかなり変わってきます。

もしも軟毛だというコンプレックスを抱えているのであれば、それを改善して毎日を笑顔で過ごせるようになりたいもの。

そのために軟毛に合ったヘアケアや薄毛対策をしっかり行っていきましょう。

薄毛の不安がなくなればおしゃれも楽しくなり、その精神的な気持ちが何よりの薄毛対策につながることでしょう。

▼こちらの記事も参考に▼

スポンサーリンク