夏から秋にかけて増える抜け毛の原因とその対策について

抜け毛 夏 抜け毛

スポンサーリンク


ちよの
サイトをご覧いただきありがとうございます。今回は「夏から秋の抜け毛対策」についてお話します。
現役美容師:れいこさん
「夏から秋の抜け毛対策」への疑問をクリアにして薄毛対策に備えましょうね。

 

実は抜け毛が一番多いと言われるのは「秋」です。

それは夏の抜け毛対策が十分でないから!夏に起こる抜け毛の要因についてしっかり対策しておけば抜け毛は減らせます。

でも何の対策をすればいいのでしょう?夏に受ける髪へのタメージとは?

この記事では夏から秋に増える抜け毛の原因と夏に注意したいこと、ダメージを最小限に抑える対策についてお話します。

 

スポンサーリンク


夏から秋にかけて増える抜け毛の原因について

抜け毛 夏

夏から秋にかけて増える抜け毛の原因のほとんどが夏に受けるダメージです。

夏に受ける髪や頭皮へのダメージ要因
  • 暑さで夏バテ食欲が出ない
  • 山や海への外出が増えて紫外線を浴びる機会が増える
  • 暑いので汗をかきやすい
  • 冷たいものばかり食べ飲みしている
  • エアコンをつけっぱなし

暑さで夏バテ食欲が出ない

夏は暑さや汗をかきすぎることで

だるい・・・・・やる気が出ない・・・・・食欲が出ない・・・・・

という症状がでる「夏バテ」

夏バテの原因は自律神経の乱れによるものだと言われています。

自律神経は内臓など自分の意志では動かせない機能をコントロールしています。

夏バテの起こるしくみ

私たちは高温多湿な夏の環境に適応するために汗をかいて体温を下げようとします。この汗をかいたり血管を拡げたりするのが自律神経の働きによるものなのですが、この働きがうまくいかなくなって夏バテが起こります。

これは一例ですが、暑いときエアコンの効いた部屋に入ると身体が気温の急激な変化についていけず、しばらくして温度が下がったことを感じた自律神経が急いで対応しようと身体の働きを切り替えます。

一度や二度ならいいのですが、これが一日に何度も続くと自律神経も疲れ切ってダメージを受けてしまうので頭痛や食欲不振などの体調不良を引き起こすのです。

山や海への外出が増えて紫外線を浴びる機会が増える

抜け毛 夏

紫外線は一年中出ていますが、夏場には特に紫外線の量や日差しの強さが際立ちます。紫外線を浴びて日焼け状態になるのはお肌だけでなく頭皮や髪の毛も同じです。

頭皮が紫外線によって炎症を起こすと髪の毛を育てる環境が乱れますのでフケやかゆみが発生します。

暑いので汗をかきやすい

頭皮には通常「常在菌」と呼ばれる菌が頭皮の環境を整えるために存在します。しかし、汗をかいてそのまま放置していると汗に含まれた皮脂や老廃物、塩分などの成分が常在菌によって分解されてそれが腐ってニオイの原因となります。

それに汗をかくというのは頭皮に湿気があるということで、湿気があるほうが菌は繁殖しやすいです。

菌が増えてニオイやかゆみのトラブルが増えると頭皮の環境が悪化してしまい、抜け毛が増えます。

冷たいものの摂りすぎ

暑い気候だとどうしても冷たい食べ物や飲み物がほしくなります。

夏場はどうしても他の季節に比べて冷たいものを摂りすぎることに・・・・・・。

身体が冷たいものばかり摂っていると、身体は冷えて血液循環も悪くなります。血行がわるくなると頭皮への栄養が行き届かなくなってしまいます。

エアコンをつけっぱなし

抜け毛 夏

夏の暑さの中、エアコンをつけっぱなしという家庭も多いでしょう。

エアコンは

  • 頭皮の冷え
  • 髪の毛の乾燥

を引き起こします。

冷えも乾燥も抜け毛を増やす原因になってしまいます。

 

夏から秋にかけて増える抜け毛の対策について

抜け毛 夏

夏のダメージが秋にかけて徐々に表れ抜け毛の量が増えていきます。

夏に少しでも抜け毛を引き起こす生活を改善しておくことで秋の抜け毛も少なく済ませられます。

夏バテ対策

夏バテによる薄毛にならないように生活習慣を改善しましょう。

夏バテ予防の生活注意点
  • 食事
  • 睡眠
  • 水分補給

食事栄養バランスを考えてとること。ただ暑いからといって冷たいものばかり摂ると胃腸が弱ってしまいます。夏バテ予防には敢えて温かいものを食卓にプラスしてあげるといいですね。

睡眠では寝苦しくて熟睡できなくなることが多いので、寝付く時間を考えてエアコンのタイマーを切れるようにしておくと寝付くときは涼しく、すんなり寝入ることができます。

ガンガン冷やし過ぎた部屋での睡眠は暑さと寒さのギャップに身体が対応できないのでNGです。

水分補給熱中症予防としても重要です。

「のどが渇いた」感じる前に水を飲むことが大切です。汗を大量にかいたら塩分も必要です。

紫外線対策

紫外線対策と言えば

  • 帽子
  • 日傘
  • UVスプレー

などです。

上手に使い分けて夏の紫外線を浴びないようにしましょう。

汗をかく対策

汗をかくのは体温を下げるためですのでかくこと自体は悪くありません。大切なのは汗をかいた後に清潔に保つことです。汗をかいたらかきっぱなしだと臭いや痒みの原因になり頭皮環境を悪くするので一日の終わりにしっかりシャンプーで洗い流して清潔に保ちましょう。

外出先などではウェットティッシュなどでこまめに汗を拭きとってあげるだけでも違います。

冷たい物の摂りすぎの対策

冷たい物をたくさん摂ると胃腸が弱くなり体調を崩すことに・・・・・。

温かい物を取り入れたり、お風呂でしっかり温まるなど、内臓を冷やし過ぎないことが大事です。

エアコン対策

職場や公共の場だと風向きを自由に調整できないことが多いので、なるべく自分が風に当たらない場所にすわるとか設定温度を変更できる場合は変更する、風量を弱めるなどの対策が必要です。

頭皮の冷えは血行不良になり、風が頭皮に当たり過ぎると髪の毛の乾燥につながります。

 

「夏から秋の抜け毛対策」のまとめ

抜け毛 夏

夏には頭皮や髪の毛がダメージを受ける要因がたくさんあります。

このダメージを放っておくと秋に大量に抜け毛が起こります。しかし夏に一つでもできる対策を取り入れることで秋の抜け毛をかなり減らすことが可能です。

抜け毛は自然に抜けるものもありますが、自分の対策次第で減らせる抜け毛もあります。

 

▼こちらの記事も参考に▼

スポンサーリンク