知らないと怖い!紫外線が頭皮に与えるダメージで薄毛が進行する?!

抜け毛 梅雨 薄毛

スポンサーリンク


ちよの
サイトをご覧いただきありがとうございます。今回は「紫外線の頭皮のダメージが薄毛になる」についてお話します。
現役美容師:れいこさん
「紫外線の頭皮のダメージが薄毛になる」への疑問をクリアにして薄毛対策に備えましょうね。

毎日当たりまえのように浴びている日差し。その中には紫外線が含まれています。

紫外線と聞くとお肌の大敵!と悪者扱いされることが多いですが、新陳代謝や骨を作る働きのサポートをしたり殺菌作用などがあって役に立つこともたくさんあります。

が、しかし・・・・・

薄毛に悩む女性にとっては大敵になりうるものです。

ただ日差しを浴びて生活しているだけで薄毛になる危険性があるなんて怖いですね。

この記事では紫外線が頭皮に与える影響とその対策についてお話していきます。

 

スポンサーリンク


紫外線を浴び続けると薄毛になるって本当?

紫外線 頭皮 薄毛

何の対策もせず、紫外線を浴び続けて、アフターケアもしなければ

薄毛になってしまいます。

それだけ紫外線の持つ影響は大きいです。

お肌も紫外線を浴びるとシミやそばかすの原因になるくらいです。それよりも太陽に近い高い位置にある頭皮が何の影響も受けないわけはありません。

それに紫外線は直接顔には当たらなくても頭皮や髪の毛には直接当たります。

では紫外線って頭皮にどんなダメージを与えるのでしょうか?

 

紫外線が頭皮や髪の毛に与える影響とは?

紫外線 頭皮 薄毛

太陽の光に含まれる紫外線は長時間浴びることで頭皮や髪の毛に大きなダメージを及ぼします。具体的にはどんなことが起こるのでしょうか?

頭皮の日焼けが起こる

頭皮が太陽の光に長時間さらされることで日焼け状態になります。

顔や体も長時間強い日差しを浴びると日焼けしますが、頭皮の日焼けは顔の2~3倍以上だとも言われています。まず第一に太陽に近い、人間の身体の中で一番上にあること、日差しを遮るものがないと直接紫外線の直撃を受けることが大きな理由です。

頭皮でも、分け目だったり、薄毛の部分だとよけいに紫外線を強く浴びてしまうので注意が必要です。

 

肌細胞が老化する

紫外線には波長の長い順に

  • UV-A
  • UV-B
  • UV-C

があります。

そして一番波長の長いUV-Aは皮膚の奥まで届き光老化という現象を起こすことに。

 

光老化とは?
真皮のコラーゲン繊維が紫外線によって破壊されることで起こります。

紫外線の中でも特に波長の長いUV-Aが肌や頭皮の内部にまで攻撃してくることで髪の毛を作り出す毛母細胞が元気を失ってしまい老化現象が進みます。

老化した毛母細胞は分裂がうまくできなくなりそのため新しい髪の毛も作られず、今ある髪の毛も成長を止めてしまうので薄毛になってしまうのです。

 

頭皮が乾燥する

日焼けした頭皮は乾燥がすすみフケやかゆみを引き起こし、抜け毛も増えます。

紫外線を長時間浴びると髪の毛のキューティクルがはがれて内部の水分が奪われてしまいます。その結果髪の毛はパサパサに乾いてツヤのない状態に・・・・・。

そのため、土台である頭皮から水分を吸収しようとするので頭皮も乾燥がひどくなるのです。

 

▼こちらの記事も参考に▼

乾燥しがちな女性の頭皮!原因と対策を知って薄毛予防に!

 

髪の毛の色が落ちる

紫外線のダメージでキューティクルがはがれることはすでにお伝えしましたが、キューティクルが剥がれた隙間から紫外線が髪の内部に入っていきます。

髪の内部には繊維状のたんぱく質が詰まっている場所があって、その中に髪の色を黒くする役目のメラニン色素も存在します。

浴びる紫外線の量が増えると紫外線を吸収しきれなくなったメラニン色素は分解してしまいます。

このメラニン色素が髪の色を黒くしているので、分解されてしまうと髪の色が落ちて赤茶けた色や褐色になってしまいます。

 

髪の毛に枝毛や切れ毛ができる

髪の毛はタンパク質で作られていて、そのたんぱく質はアミノ酸の結合で構成されています。

しかし紫外線を受けることでこの結合がほどけてしまうことに・・・・・。その結果髪の毛のキューティクルがはがれてしまい、髪の毛の内部が乾燥してしまい、枝毛や切れ毛が発生するのです。

 

紫外線による頭皮のダメージ対策

紫外線 頭皮 薄毛

紫外線から受けるダメージは少しでも軽減して薄毛対策に備えましょう。

 

頭皮を冷やす

紫外線を受け続けることで頭皮はひどい火傷を負った状態になります。ですので紫外線をかなり浴びてしまったすぐ後であればまず頭皮を冷やすことを優先し、頭皮の炎症を落ち着かせる必要があります。

冷やしたタオルを頭皮にかぶせて炎症の起こっている頭皮の温度を下げることが大事です。

 

帽子をかぶる

外出の際にはまめに帽子をかぶることをおすすめします。直射日光を浴びないことが一番大事なので、日傘を差すことでもかなり紫外線カットになります。

帽子であればファッションの一部として、おしゃれも兼ねて取り入れることができますし女性にとって気軽にできる対策ですね。

ただ、帽子を長時間かぶっていると頭皮がムレてしまいますので、帽子内の環境が不衛生に・・・・・。その結果、雑菌の繁殖によって炎症を起こすことに・・・・・。

紫外線から受けるダメージを防いでも、ムレによる炎症でも薄毛につながってしまう可能性があるので注意が必要です。

通気性がよくて洗える帽子がおすすめ!

 

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンを作るサポートをして、毛細血管を回復させる働きがあります。毛細血管が元気になれば栄養素が頭皮に行き渡るので、薄毛対策にも注目を浴びています。

しかし、ビタミンCは水に溶けやすい水溶性のビタミンなので口から取り入れたとしても頭皮に届くまでに身体の別の部分で使われてしまったり尿や汗となって身体の外に排出されてしまう可能性があります。

そこでおすすめなのがビタミンCを含んだ育毛剤。直接頭皮に塗るので頭皮全体にその栄養を届けられます。

 

UVカットスプレー

髪の毛ってお肌みたいに、日焼け止めクリームを塗るというわけにはいきません。そこで役に立つのがUVカットスプレーです。

文字通りスプレーを吹き付けてあげることで、紫外線から頭皮や髪の毛を守ってくれるというすぐれもの。吹き付けるだけでいいので手軽ですし、帽子をかぶれないような場所にお出かけの際にも重宝しますね。

   ↓↓↓↓↓↓

 

紫外線が頭皮に与えるダメージは薄毛につながるのまとめ

紫外線はお肌の大敵と思われ嫌われがちですが、実は頭皮や髪の毛にも大きなダメージを与えます。紫外線から受けるダメージは頭皮環境を悪くして、健康な髪の毛も弱らせてしまい、抜け毛につながります。

紫外線から髪の毛を守る対策とは
  • 直射日光を浴びない
  • 外出の際には日傘や帽子を使う
  • 髪にもUVカットをほどこす
  • ビタミンC入りの育毛剤を使う
  • もし長時間紫外線を浴びてしまったらまず冷やす

 

ですので普段から紫外線をなるべく浴びないように、また浴びる前の対策や浴びた後のアフターケアをしっかりと行って頭皮を健康な状態に保ってあげましょう。

こまめな毎日の習慣が薄毛対策につながります。

自分の髪の毛は自分で守る意識を持ちましょう。

 

 

▼生活の中でたくさんストレスを抱えているあなたへ▼

恐怖!ストレスが薄毛をひどくしていた!回復する方法とは?

スポンサーリンク