炭酸シャンプーの正しい使い方と使用頻度について

髪 洗い すぎ ハゲ シャンプー

スポンサーリンク


ちよの
最近女性の間で人気が高まっているシャンプーがあるらしいの。
現役美容師:れいこさん
どういうシャンプーですか?
ちよの
「炭酸シャンプー」っていうらしいけどれいこさんの美容室では使っているの?
現役美容師:れいこさん
ええ、うちでは使ってますよ!

 

炭酸シャンプーは2010年頃から少しずつ人気が出てきて現代は商品数も増えています。

シュワっとしてさっぱりする感覚が気持ちよくて病みつきになる人も多いと思いますが、正しい使い方と頻度を知らないと効果が出ません。

間違った使い方をすると効果を感じることができないだけでなく頭皮の乾燥を招いてしまうこともあります。

この記事では炭酸シャンプーの正しい使い方と行う頻度についてお話します。

 

スポンサーリンク


炭酸シャンプーの特徴

炭酸シャンプー 使い方
炭酸シャンプーの特徴
  • シャンプーに炭酸を取り入れたもの
  • とても小さな分子構造なので肌に浸透しやすい
  • 毛穴に詰まった汚れをしっかり落とす
  • 「血行促進」と「汚れを浮かせる」2つの効果

 

炭酸シャンプーの正しい使い方とは?

炭酸シャンプー 使い方

使う手順を見直してみましょう。

ここにタイトル
  1. 洗う前に頭皮と髪の毛をしっかりぬるま湯で洗う
  2. シャンプーをしっかり泡立てる
  3. 指でマッサージと揉み洗い
  4. しっかりシャンプーをすすぐ
  5. トリートメントケアを行う

1.洗う前に頭皮と髪の毛をしっかりぬるま湯で洗う

シャンプー剤をつける前にお湯を頭皮や髪の毛にかけるのはただ濡らすためだけでなく、お湯で頭皮についている汚れを落とすためです。

炭酸シャンプーをつける前に頭皮の汚れをある程度落としておけばシャンプーの泡が毛穴の奥にまで届いてしっかり汚れを落としてくれます。

2.シャンプーをしっかり泡立てる

シャンプーの泡は頭皮や髪の毛にダメージを与えないようにするためです。シャンプー剤を直接頭につけて頭の上で泡立てる人もいますが、これだと頭皮にも髪にも大きな負担になります。

髪の毛同士の摩擦を防ぐ意味でもあらかじめ手の平でしっかり泡立ててそれを頭皮や髪の毛につけてあらっていきましょう。

3.指でマッサージと揉み洗い

炭酸シャンプーで洗うのは髪の毛ではなく頭皮です。頭皮を指の腹でマッサージしながら揉むように洗ってあげます。

このときゴシゴシこするようなやり方はNGです。

炭酸シャンプーに含まれている泡(二酸化炭素)は頭皮汚れ(たんぱく質)とくっつく性質があるので強い力でゴシゴシ力を入れなくても汚れは落ちます。

4.しっかりシャンプーをすすぐ

シャンプー剤が頭皮や髪の毛に残ってしまうと頭皮のトラブルに発展してしまいます。ぬるま湯でしっかり洗い流してあげることが大事。

現役美容師:れいこさん
シャンプーよりもすすぎのほうが重要ですよ

5.トリートメントケアを行う

炭酸シャンプーは洗浄力が強いので放っておくと頭皮も髪の毛も乾燥してしまいます。しっかり保湿成分をプラスしてあげましょう。

また炭酸シャンプーには頭皮や髪の毛のダメージを補修する機能はありません。

ですのでトリートメントを利用してあげましょう。

 

炭酸シャンプーの効果を得るための使用頻度と注意点は?

炭酸シャンプー 使い方

炭酸シャンプーはとても洗浄力の強いシャンプーになります。ですのであまり頻繁に使うと頭皮も髪の毛も乾燥がひどくなってしまいます。

洗浄力の高さを生かしたシャンプーですので、使うとしたら週に一回程度がベストです。

そして炭酸シャンプーを行った後はしっかり保湿ケアを行うことが重要です。

 

「炭酸シャンプーの使い方」のまとめ

炭酸シャンプーの特徴は小さい泡が毛穴の奥に浸透する

炭酸シャンプーはシャンプーに炭酸を取り入れたもの。汚れを落とす力が強いので使っていてさっぱり感がありとても気持ちいい

炭酸シャンプーは正しい使い方をしないと効果が半減してしまう

シャンプーをする手順や一つ一つのやり方が間違っていると効果が半減するだけでなく、逆に頭皮を傷つけてしまう場合もあるので注意が必要

炭酸シャンプーの頻度は週に1回くらいがおすすめ

洗浄力が強いので毎日とか3日に1度というような頻度で使っていると頭皮の乾燥が進んでしまうので頻繁に洗うのはやめる

炭酸シャンプーは頭皮や髪の毛に栄養を与える前にしっかり汚れを落としてあげることが大事です。

しかし洗浄力が高いので使い方や使う頻度を間違えると頭皮にも髪の毛にもダメージを与えてしまうので正しい使い方をマスターして頭皮を健康にしていきましょう。

 

▼こちらの記事も参考に▼

スポンサーリンク